富士山有料道路 富士スバルライン 河口湖から富士山の五合目への観光 マイカー規制情報 

営業案内
通行料金 | 営業案内TOP

富士山有料道路「富士スバルライン」 通行料金

 

通行料金表(平成26年4月1日から)

車両区分 全線(往復) 一部(往復)
普通車 ・普通自動車
・小型自動車
・牽引自動車が軽自動車等の連結車
2,060 620
中型車 ・マイクロバス(11人以上29人以下・総重量8t未満)
・普通貨物車(総重量8t未満・最大積載量5t未満)
・牽引自動車が軽自動車等または普通車の連結車
3,400 720
大型車 ・路線バス (30人以上または総重量8t以上)
・バス (29人以下・総重量8t以上・長さ9m未満)
・普通貨物車  (総重量25t以下で4車軸)
           (総重量8t以上又は最大積載量5t以上で3車軸以下)
・牽引自動車が普通車、中型車、大型車(2車軸)の連結車
4,700 920
特大車 ・バス (30人以上又は総重量8t以上)
・普通貨物車 (4車軸以上)
・大型特殊自動車
7,900 1,540
軽自動車等 ・軽自動車
・バイク(125.1cc以上)
・小型特殊自動車
1,640 420
軽車両等 ・自転車
・原動機付き自転車(125cc以下)
200 60

※ 片道料金は、往復料金の半額となります。

※自転車を車載し、上り、もしくは下りの片道のみ自転車で通行する場合は、往復料金をいた
 だくことになりますので、ご注意ください。


※ 車両区分が変わっております。ご注意ください。   
  バスは、乗車定員だけでなく総重量等も含めた区分をご覧ください。
    例) 定員20人、総重量9t、長さ9mの場合は、”特大車”になります。  
       定員28人、総重量7t、長さ8mの場合は、”中型車”になります。

一合目下駐車場までの一部区間のみ営業の場合は、一部の料金になります。
  四合目大沢駐車場、または、五合目までの営業の場合は、全線の料金になります。

※ 障害者割引措置があります。対象の方は所定の手続きを受けた手帳をご提示ください。
  ただし、「身体障害者の方が自ら運転する場合」または「重度の身体障害者の方もしくは重度の知的障害者の方が同乗し、 介護者の方が運転する場合」で、個人名義の自家用車が割引の対象となります。 (営業用車両や レンタカーは対象外。)
  障害者手帳をお持ちの方が乗られているバス等は対象となりませんのでご注意ください。

※ ハイウェイカード、ETC、旅行会社等で発行されているチケットを利用して、通行料金を支払われることはできません。

回数券 料金(平成26年4月1日から)

回数券は、富士山有料道路料金徴収所、又は山梨県道路公社でお求めください。

車両区分 11回券 60回券 100回券
普通車 10,500 52,100 83,500
中型車 17,000 85,000 136,000
特大車 39,500 197,500 316,000
大型車 23,500 117,500 188,000
軽自動車 8,300 41,500 66,500
軽車両等 1,050 5,250 8,400
路線バス - - 164,500

※ 未使用回数券の払い戻しはお受けできません。
  ただし、券面に有効期限「平成26年4月30日まで」とある回数券については、
       平成26年4月1日から平成26年4月30日までの間
  山梨県道路公社本社または富士山有料道路料金徴収事務所において払戻しをいたします

※ 券面に有効期限の記載のない回数券については、平成26430日以降もご利用いた だけます。

※ 車両区分と異なる回数券のご利用はできません。また、通行料と回数券との差額支払いでの  ご利用もできません。

※ 平成17年6月6日以前の回数券は使用できますが、差額のお支払いできません。

※ 回数券は、1枚で片道分となります。往復は、2枚必要となります。ご注意ください。  
  例) 100回券→50往復分、60回券→30往復分、11回券→5往復と片道分